引き継がれるもの



D.O.Mには、特別なファンがいる。
もちろん、ファンに優劣を付けるつもりはないし、マイケルファンのいない「アウェイ」の空間でパフォーマンスをする事の多い我々にとって、ファンだと言って下さる方はとても有り難い存在だ。

それはさておき
D.O.Mには、特別なファンがいる。
彼と初めて会ったのは、昨年の8月。
ちくさ座(千種文化小劇場)で開催された「今池娯楽館」。
僕たちのパフォーマンスに刺激を受けて、舞台に飛び出して来てしまったのが出会いだった。
彼、「らくちょ」は障がいを持っていて、見た目より心がずっと幼いままで、大きな音や、激しい動きに耐えられず、普段は逃げてしまうのだそうだ。
でも、その日は僕らのパフォーマンスを楽しんで、思わず飛び出してしまった。
迷惑をかけてしまって申し訳ないと後日親御さんから謝罪されたが、僕たちのパフォーマンスの楽しさがが伝わった結果だと思って素直に嬉しかったので、かまわないですよ。と伝えた。
それ以降、度々家族で見に来てくれるようになった。

らくちょはマイケルが大好きで、たくさん踊ってみせてくれる。
しかも、会う度に驚くほど成長していて、見ていて嬉しくなるほどだ。
上の写真の日は、遠く小原まで来てくれて、「Thriller」を踊ってみせてくれた。
お母さん曰く、そこまではっきりと分かるほどのThrillerを踊ったのは初めてらしく、チームの女性陣と泣きながら見ていた。


先日、9月22日に今池公園でのレクチャーショーにも来てくれて、実験的に実施した「来場者へのメイク」も体験してくれた。


左下がらくちょ。
大好きなSakuraとお揃いのメイクをご希望だったので、口裂けメイクだ。
そんな最中、僕がふとスリラージャケットがもうボロボロだから新調する、と言ったところ、らくちょママが古いジャケットを「ほしい」と言う。
合皮のコーティングがぼろぼろに剥げ、裏地もビリビリのジャケット。
ボロボロの赤ジャケ。お疲れ様。
聞くと、らくちょが大きくなったら着せて踊らせたいそうだ。
なんか、気恥ずかしいし、おこがましい気もしたけど、嬉しかった。
洗濯して、裏地もちょっぴり補修した。

誰かに憧れてもらえて、その人に伝えられるものがある。
舞台に立つ人間として、それはとても幸せな事なんだと思った。

いっぱい色んな物を見て
いっぱい色んな物に触れて
いっぱい色んな刺激を受けて
大きく成長したらくちょマイケルが、このジャケットを着てくれるといいなぁ。
そしていつか、大きな舞台に立つ日が来たら、新しいジャケットで踊ってね。
そのときは、僕がバックダンサーをするって約束した。

マイケルパフォーマーとして活動して行く上で
らくちょは、かけがえのない事をたくさん教えてくれる。
誰よりも純粋で、嘘のない瞳で見てくれるから、身を引き締めて、頑張ろうと思う。
らくちょにそっぽ向かれたら、そのときはきっと僕らが驕ったり、手を抜いたりしたときだ。
飽きられたりしないように、頑張らなきゃ。


余裕と緊張のバランス



僕はダンス自体は素人なので、勉強のために動画をよく見る。
マイケルのLIVE映像はもちろんだが、いろんな人たちが踊っている動画を参考にすることが多い。
複数の人達が自分で解析して、解釈した動きをしっかり俯瞰してみる事で、気づきもあるし、改めてマイケルがどうやって動いているのかを確認することも出来る。

そういった分析を元にして、自分の中での「理想的なマイケル像」と「観客に伝わるマイケルっぽさ」と「今の自分にできるパフォーマンス」の最大公約数をなるべく大きいものにするのが「練習」の意義だと思う。

たくさんの動画を見ていると、とてつもなく素晴らしいクオリティのダンサーもいる中で
「多分テクニック的には凄いことをしてるんだけど残念な人」もたくさんいる。
中でも多いのが

  • マイケルの動きをトレースすることばかりに気を取られて余裕のない人
  • テクニックに走って「ドヤ感」がにじみ出ている人

みたいな、自分の姿を客観視していない「ルームダンサータイプ」。
自宅で姿見なんかでしか自分の踊る姿を見たことがないような残念感が漂う。
僕も急にアドリブでルーチンを。となるとややこういう感じが出るかもしれない。
よくないね。

次に多いのが

  • やたら余裕ぶって抜いた踊りで結局伝わらない人

偏見かもしれないけど、HIPHOP系のダンサーさんに多い気がする。
ヌキって大事だけど、空気まで抜けちゃダメでしょっていうか…。

何とも難しいけど、その両者のバランスが大事なんだと思う。
「振り」や「ムーヴ」をきっちりやりながら、「頑張ってる感」を伝えない。

「音に合わせて、身体を動かしてるだけさ。」
なんて言いながら、さらっとテクニカルなことを、息をするようにやってのける。
そして、魔法みたいな驚きや、息を呑むような緊張感や、怒涛のような高揚感が織り交ざって
「感動」になる。

それを高い次元でやってのけるマイケル。
そこにシビれる、憧れるぅぅぅッッ!!!
なわけですよ。

さて
ルーチンの練習、しっかりしなきゃなー。

あしくびいたい。





Like Theme Park Dancer.


O-teamでも、D.O.Mでも。
僕が人前で踊るときに心がけていることがある。
心がけている、と言うよりも、「かくあるべきだ」と思っていたことを、メンバーに改めて言葉にされた時にしっくり来て、それ以来意識していることなのだけど、

「テーマパークのキャスト」のように振舞え。

ってこと。
僕たちは、イベントのステージの出演を依頼されて、踊りに行く事が多い。
D.O.Mはもちろんそうだし、D.O.Mができてからは依頼が無くなったが、以前のO-teamもそうだった。
もちろん自らエントリーして参加するときも変わらないのだが。
ゲストは基本的に、自分の出番以外は控え室なりでのんびりしていることが多いだろう。
プロであればそれがきっと仕事だし、あまり気軽に外出しては価値を下げることになったり、イベント自体に迷惑をかけかねない。

しかし、我々はアマチュア(見方によってはセミプロと呼べるのかもしれない)だ。
外を出歩いたところで人だかりができるわけじゃない。
存在しているだけでは価値があるわけじゃない。
せっかくイベントに参加するのであれば、アトラクションの一部になって、観客を楽しませたほうがいいんじゃないか。
と思う。
幸せなことに、メンバーも同じように考えてくれて、何も言わなくてもゾンビメイクのまま会場へ出ていく。
そこで自分たちなりのキャラクターを演じて、お客さんを楽しませていてくれる。

笑わない・喋らない、と決めてゾンビに徹したり
子供を泣かせることに生きがいを見つけたり
音楽がなれば踊るし
写真を求められれば快諾して

瞬間。瞬間。
その場所にいる人達を楽しませる。
そんな役割を持つことが出来る。

そして、ステージの時間になればパフォーマンスで圧倒し、世界観を作り上げる。
また、参加型の演目ではステージ外でのコミュニケーションを活かしてみんなで楽しむ。
そしてステージ後の時間に話しかけられ、更にコミュニケーション。

そんなスタイルが定着しつつある。
そして、それを評価してくださるクライアント様からふたたび依頼をもらえることが増えている。

これは、僕達素人にしか出来ないことだろうし、僕達にとって1つの最適なスタイルだと思う。
答えは、お客さんがくれる。

まだしばらくは、やめられそうにない。


豊田市民音楽祭2012


市民音楽祭



12月1日・2日は豊田市民音楽祭に出演させて頂きます。
フライヤーに載ったのでマチガイナイですw
おそらくオープニングになるので
1日は11:00頃
2日は10:00頃からの出演になります。

Star☆Tさんは知っていましたが、もう一組豊田市にはご当地アイドルさんがいらっしゃったんですね。
SWT+。ステキっぽいです。知らなかったけど。気仙沼とか行ったみたいです。

さて。何やろうかなー。多分10分くらいの枠だよね。
2日とも違う演目をやらなきゃね。

そう。D.O.Mならね。


R.I.P. Michael Jackson


世間では6/25で盛り上がったようですが、日本人である僕的には今日。
6月26日がマイケルの命日です。
たしか日本時間では6/26の午前6時台だったと思う。
珍しく早く起きて、テレビを見ていた時に画面上部のテロップで流れた「マイケル意識不明の重体で病院に搬送」的なニュースに「マイケル、死んじゃ駄目だ…」とmixiボイスに呟いたことを今でも覚えています。あの日は続報が気になって仕方なくて、仕事を休みました。
More…


豊田でBeat It(ビレー)まであと6日


昨日の練習会には予想よりも多くの方に参加していただけました。
草の根活動で、僕達が踊っているところを見た方の参加ばかりだったので、嬉しかったですね。

僕自身、純粋な告知活動、ってのは苦手なので、あまり実を結んでいませんが(笑)

その方がパフォーマー集団らしいので、まぁよしとしましょう。

お陰様でとても楽しい練習会になりました。ありがとうございました。

さて。
気がつけばもう今週末。あっという間に本番が来てしまいます。

当日の流れをもう一度。

18:30~

この公園で集合。

演出や流れなどの打合せなどをします。
踊りが不安な方は18:00頃から僕らが待機していますので、レクチャーなども対応します。

19:00~
ペデストリアンデッキ(松坂屋の2FとT-face、豊田市駅・新豊田駅を結ぶデッキ)の豊田市駅側広場に移動。


↑会場イメージ↑

そこで、撮影も兼ねて待機してもらいます。
基本的にはここではもう皆さん「他人」。演じて下さい。
「ダンサー」より「アクター」気分で。

人通りの少ない時間を見計らって「Beat It」を流します。3ターンです。

もしかしたら複数回かけるかもしれませんので、何となく指示を待って下さい。
終わったら、先ほどの公園に戻って、終了に致します。

天気予報では今のところ大丈夫そうですねー。
一応雨天でもやります。
強制はできないのでアレですが
やる気のある方、協力してくれる方は
着替え持参でお願いします。

まだまだ参加者募集中!!
http://www.d-o-m.net/index.php/post241.htmlまでどうぞ。


SHOWMANの性分

ダンスやパフォーマンスの才能はともかくとして
生まれ持った「SHOWMANSHIP」はそんじょそこらの人には負けたくない。
そう思って、O-teamでは19年。D.O.M(DCO-team含む)を始めてからの2年半は特に濃ゆーく突っ走って参りました。
きっと、これからも変わることはないでしょう。

郡上おどりや盆踊りですら、人の目を気にしながら、ともすれば「魅せよう」としてます。正直。
郡上的に言えば「踊り助平」って言うんですかね?解釈間違ってたらごめんなさい。

ところで、D.O.Mには、ありがたい事に披露宴や2次会などの結婚式関係のご依頼が割と多くあります。
人生の晴れの舞台の一角に、僕達のパフォーマンスの思い出を置いてもらえるっていうのは、かなり嬉しいことです。
他の舞台とはちょっと違った感動があるように思います。気合も入ります。
両親への手紙なんて、当たり前にもらい泣きとかもしちゃいますし。

でも、新郎新婦が友人・知人だったことは殆ど無いんですよ。
これって、結構大変な問題(笑)で、

          
  • 打ち合わせの時間が取れない事が多い
  •   
  • 人づての依頼のことが多いので情報が無い
  •   
  • 会場の下見もできないことが多い
  •   
  • 知らない人なのでトークのネタもないw
  •     

ということで、「どの曲を何人でやろうか」ということも迷っちゃうんですよ。
間に入る人や会場の方と打ち合わせようにも、基本的に「余興」という括りなので、そんなに深く考えてはもらえない。結構悩みます。

余興なんだから軽く考える、ってのも無理なんですよ。
友人ならまだ大丈夫なんでしょうけど
そうでない場合、気持ち的には完全にアウェイ。
会場全体が「お客様」になっちゃう。そうすると、出からハケまで一切気も手も抜きたくないじゃないですか。
ショーマンとしては。


まぁ、こんな性分なので
こと「SHOW」となると「運営」や「メンバー」、つまり、ステージのこっち側の人間には結構厳しくなっちゃう傾向がありまして。ちょいちょい敵を作りがちなんですがw

「観客が喜んで・感動してくれる」って事の向こう側にしかない、演者・運営の悦びって、何物にも代え難いと思うんですよ。
出来・不出来じゃない。
最善を尽くそうとした先にしか成功はない。
ラッキーで拾った上辺の成功には価値はない。

だから今日も、精一杯踊ります。
21:20~22:30
豊田市神田町のG’flowスタジオにてMJ Style。
生徒さん絶賛募集中。

その後深夜までD.O.Mのレッスンです。
明日はO-teamの練習。13:00~21:00。
今ならギリギリメンバー入りも間に合うかも。

ふー
宣伝。


豊田Deビレー

愛すべき天才。”KING OF POP”Michael Jacksonが逝去されてから、もうすぐ3年が経とうとしています。 More…


Special Michael Night


9月24日。
前回のPOSTでお知らせした『Mind is the Magic episode0』に出演してきました。

久しぶり・・・というか、去年の10/23の金山ミュージックフェスタ以来の
「マイケルファンイベントでのパフォーマンス」。
緊張しました。
下手なことはできないからね。まぁ、普段のショーでも、もちろん下手なことなんてできないし、するつもりもないけど(笑)
それとは違う、独特の緊張感があるわけですよ。
ある種、コンテストに近い心づもりで臨みました。
More…


CONCERT終ったよ。

大きな大きな。とても一言では言い表せない素敵な体験を終え
割と長い放心状態から、やっと何となく帰還しました。
お休み中で本当によかった(笑
More…