Like Theme Park Dancer.


O-teamでも、D.O.Mでも。
僕が人前で踊るときに心がけていることがある。
心がけている、と言うよりも、「かくあるべきだ」と思っていたことを、メンバーに改めて言葉にされた時にしっくり来て、それ以来意識していることなのだけど、

「テーマパークのキャスト」のように振舞え。

ってこと。
僕たちは、イベントのステージの出演を依頼されて、踊りに行く事が多い。
D.O.Mはもちろんそうだし、D.O.Mができてからは依頼が無くなったが、以前のO-teamもそうだった。
もちろん自らエントリーして参加するときも変わらないのだが。
ゲストは基本的に、自分の出番以外は控え室なりでのんびりしていることが多いだろう。
プロであればそれがきっと仕事だし、あまり気軽に外出しては価値を下げることになったり、イベント自体に迷惑をかけかねない。

しかし、我々はアマチュア(見方によってはセミプロと呼べるのかもしれない)だ。
外を出歩いたところで人だかりができるわけじゃない。
存在しているだけでは価値があるわけじゃない。
せっかくイベントに参加するのであれば、アトラクションの一部になって、観客を楽しませたほうがいいんじゃないか。
と思う。
幸せなことに、メンバーも同じように考えてくれて、何も言わなくてもゾンビメイクのまま会場へ出ていく。
そこで自分たちなりのキャラクターを演じて、お客さんを楽しませていてくれる。

笑わない・喋らない、と決めてゾンビに徹したり
子供を泣かせることに生きがいを見つけたり
音楽がなれば踊るし
写真を求められれば快諾して

瞬間。瞬間。
その場所にいる人達を楽しませる。
そんな役割を持つことが出来る。

そして、ステージの時間になればパフォーマンスで圧倒し、世界観を作り上げる。
また、参加型の演目ではステージ外でのコミュニケーションを活かしてみんなで楽しむ。
そしてステージ後の時間に話しかけられ、更にコミュニケーション。

そんなスタイルが定着しつつある。
そして、それを評価してくださるクライアント様からふたたび依頼をもらえることが増えている。

これは、僕達素人にしか出来ないことだろうし、僕達にとって1つの最適なスタイルだと思う。
答えは、お客さんがくれる。

まだしばらくは、やめられそうにない。

“Like Theme Park Dancer.” への2件のフィードバック

  1. スティル より:

    愛の伝道師、マイケルジャクソン!

    是非、豊橋でもマイケルのフラッシュモブをやってください♪

  2. admin より:

    やりましょう。(孫正義風に)

コメントを残す