当ページの趣旨

富山県在住の管理人が、勝てないまでも少しでも多く遊べる様に富山パチンコ状況について勝手気ままに記載していきます。


パチンコを取り巻く状況

1995年には2,900万人もいたパチンコ人口2005年には1,710万人と10年間で約1,200万人4割強も遊技者が減少している。

しかし業界の売上1995年30兆円2005年29兆円横ばいの状況です。

当然、察しの通りに1人当たりからの回収を増やしバランスを保っています。

私がパチンコを始めた当初はかなり遊べたし、中にはそれなりのプラス収支の方も何人も居ました。

ところが近年のパチンコでは普通のサラリーマンの給料では1週間も連続で店に通えば、間違いなくスッカラカンです。

とても庶民が利用できるものではありません。そのくせに業界を含め若年層のパチンコ離れを危惧しています。

(普通に大学出たての社会人が遊べるレベルでは無くなってるのに...)

しかも普通の健全な会社では趣味がパチンコと言うだけで信頼を損ないます。もちろん私の会社も!!

確かに1万円が15分で消える遊びです。パチンコをする人はパチンコをしない人から見れば金銭感覚の無い人間に思われてもしかたありません。

また、金銭感覚の無い人間に営業や経理・事務を任せられない気持ちも十分にわかります。

そんなリスクも背負いながらもパチンコするサラリーマンですが、本当に趣味のレベルパチンコをしているのであれば辞めた方がましです。

会社の上司の言うとおり金銭感覚や常識の無い人間で、すぐに窓際決定です!!

パチンコ店にはそれを生業とするニートや学生集団、プロ集団が存在し、そういった人間の養分になるだけです。

彼らはあなたが会社に通っている今も機種情報を頭に詰め込み、集団で乗り打ちし、朝から決められた台を漫画を読みながら打ちづづけます。

努力なしでは遊ぶことも出来ない富山パチンコ事情ですが、とりあえず少しでも勝率UPにと当ホームページを初めて見ました。


乗り打ちについて思うこと

我が家から最も近いパチンコ店はマルハン富山店です。もちろん良く遊びには行くのですが、とりあえず乗り打ち集団が多すぎます。

富山では数少ない、稼働のある店なので設定も入るには入ると思うのですが、問題はこの集団達です。

もちろん高設定は特別な日しか入らないのですが、その強いイベントの時なんて酷いものです。朝から並びながら乗り打ちの計画を立ててる連中がゴロゴロ。

ぶっちゃけパチンコライターの店長イベントがそうなんですが、彼らは集団で台を占拠します。10人で1人1万円負けたとしても問題ありません。

何人かが高設定をツモれば、その台を全員でブン回すんですから。特に5号機になり低設定のまぐれ噴きは少なくなり、反対に高設定は安定する仕様になっています。

2台つもれば10万円なんて2千500枚程度の差枚数でOKなんで、高設定で朝から回せばほぼクリア間違いなしです。

高設定で有れば3千枚~5千枚。乗り打ち集団が回せば3千500枚~6千枚は間違い無いと思うので、1~2台ツモればプラスで3台以上であればそれなりの収支が見込めます。

特にライターイベントなんかは、機種を絞り1/2や1/3で高設定が入っているので取れないなんてことはありません

当然ながら、そのつけは夕方からしか打てないサラリーマンじいちゃんばーちゃんが払うことになりますが、店員からすれば誰が勝とうが負けようが関係ありません。

常連だからとか、沢山お金を使ってるからとか、お店からすれば全く関係ありません。特にマルハンなんかはチェーン店ですからビジネスライクです。

乗り打ちしている様な客に注意はしないものの、逆に常連ぶってる会社員や年配の方には、「使った金額なんて関係ありません」とか平気で言ってのけます。

パチンコとはお金をたくさん使う常連である優良顧客が虐げられる数少ない業種です。当然、取り巻く状況でも説明したとおり、顧客を大切にしない業界に未来はありません。

今後の課題は豊田DSGの様に、プロやセミプロをどうやって排除するかや優良顧客に対する囲い込みをどうするかに掛っていると思います。

毎日、軍団で行動し店では無くイベント狙いで勝ち続ける客と、お店が好きで遊びを目的に通う常連客を同じに扱う対応だけは止めてもらいたいものです。