上州のスーザンじろくんの直撃動画ちゃんねる

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.GREE
2.野村胡堂
3.飛行船
4.ヤフオク
5.RIKKI
6.時刻表
7.クマのプー太郎
8.ストロベリー
9.魔法のiらんど
10.赤砦社

i-mobile
★imodeBEST100★
もやしもん(8) (イブニングKC) もやしもんは、どの巻も、まず購入したら「ストーリー」を追って読み、
蘊蓄部分や欄外の細かい文字は、二度目、三度目に念入りに読んでいます。

それが今回は、ストーリーがいかにも弱かった。

弱いというより、まずビール紹介(協賛)ありきで、ストーリーのほうはとってつけたような感じ。

たしかにビールは飲みたくなった、でも、正直、あまり面白くなかった。

セリフもなんだかくどかった。

もっと、登場人物が自然に、いきいきと、笑ったり泣いたりする話がよみたいなぁ、と感じた。

(美里・川浜コンビと遙さんの絡みが懐かしい〜)

SOUTHERN ALL STARS 前作「KAMAKURA」から4年半振りのオリジナルアルバム(’90年1月発売)。
’88年6月、デビュー10周年記念日にサザンはシングル「みんなのうた」で復活(オリコン最高2位)後、本作発売前にシングルとしてM−8(同4位)、M−11、M−1(同2位)をコンスタントにリリース。特にM−11はデビューから11年目にして初のオリコンチャート1位を獲得、万全の体制でのリリースとなったわけです。
内容もスペイン語によるラテンナンバーM−2(この曲で桑田氏は初めて外部より“孤高の天才ギタリスト”小倉博和氏を投入。ここからサザンにおけるギタリスト大森氏の運命の歯車が狂い始めたのではないか、と個人的に勝手に思っています)、サザン初のアカペラ(桑田氏の一人多重録音)M−4、定番のラヴソングM−5、原由子ボーカルによる沖縄ソングM−6、ここまでの社会風刺的な作品はおそらく初めてであろうM−9といつも通りにバラエティ豊かな仕上がり。
バンド名を冠にした本作は“これが自信作です!”“この作品が今の僕らのすべてです!”というよりは、桑田氏がこれから先も「サザンオールスターズ」であり続けることを決意したいわば“意思表明”のような気がします。

THE BODYGUARD ホイットニー・ヒューストンが歌う「I ALWAYS LOVE YOU」は映画『ボディガード』サントラ版のファーストシングル。カントリー歌手 ドリー・パートンのナンバーでもとは、1974年に書かれたものだ。ホイットニーは、彼女独特のヴォイス・アレンジでしっとりとしたラヴ・バラードに仕上げ大ヒット。初登場は2位の後、12週連続ナンバーワンをキープし、その後も再三の返り咲きで累計20週のNO.1を記録。それまでの最長記録を塗り替えた。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking

today:007 yesterday:013
TOTAL:76987