i-mobile
都市型スーザンた~くんのおすすめ動画

◆画像の森◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.まちgoo
2.都市対抗野球
3.元福
4.めだか
5.電車男
6.森美夏
7.オズの魔法使い
8.奇蹟の輝き
9.瀬戸の花嫁
10.マリア様がみてる 春

i-mobile
girls☆ranking
みつどもえ 9 (少年チャンピオン・コミックス) 来月(2010年7月)からアニメが開始!

日本一似てない三つ子が××する話も、もう9巻。

三つ子だけでなくその周辺のキャラにも深みが生まれて
その分、話の幅も広がってきました。

今巻では、SSS(佐藤が好きでしょうがない)隊のリーダー
おがちんの活躍がフィーチャーされてます。
巻末では、SSS隊結成秘話とおがちん初愛秘話が明かされます。
愛というのは思いもよらぬところから生まれ、
存外に人生を狂わせるという、ある種の真実が軽やかに描かれます。

今回気になった話は、
妄想力のたくましさを利用したトリックが冴える
(と言うか、あれは母親との入れ替わりトリックだと推理)
巻末のおまけ漫画と、人を呪わば・・・の「視界に一つだけの頭」

読んでからの一言
災難ははたから見るから楽しい

HOLD ME シングル『眠れない夜を抱いて』がチャートを昇ってきて注目されだした直後のアルバム。
そんなこともあってチャート上位に食い込み最終的にはミリオンセラーとなった。
数あるZARDのオリジナルアルバムの中で…個人的にですが最高傑作だと思ってます。

中期以降はシングルが蓄まったらアルバムを出す的なベストアルバムもどきの作品が多かった。
もちろん音楽シーンでそのようなアルバムがもてはやされていたという状況はありましたが…
この作品はシングルタイトル曲一枚、カップリング2曲で既存の曲は3曲、実に8曲がアルバム向け新曲でした。
川島だりあ、栗林誠一郎作曲が大半を占めるなか織田哲郎作曲は1曲にとどまっている。
名曲としてファンから支持されることになる『あの微笑みを忘れないで』『遠い日のNostalgia』をはじめ
教会での女性の決心を唄ったウェディングソング『So Together』それらがバラエティーに富んだアルバムを形成しています。

のちに発表されるアルバム『揺れる想い』『OH MY LOVE』は作りこまれた優等生的な完成度ですが
この作品はそこにたどり着く前の冒険、力強さみたいなものがあふれています。

バシャール スドウゲンキ 非常に面白く、スドウゲンキも適役だった。
スピリチュアルといわれながらも、実はサイエンス“ノンフィクション”のようだ。
特に、バシャールから幾つもの科学的技術的アイデアがでて個人的に納得するところが多くあった。
1つ目は、脳科学でいう「記憶」の所在が、やはり脳内にないこと。海馬なんかにはないのだ。“脳”は保管庫ではなくレシーバー。物質還元論はやはり‘検知測定’できる範囲内に限ることがはっきりした。2つ目は、物質に還元できない、ユングの「シンクロニシティ」、シェルドレイクの「形態形成場」が、フィジカルマインド−ハイヤーマインドを貫くある周波数で結びついて現実に起こり形成されるのではないか、ということ。いわゆる「偶然の一致」や「集合意識・無意識」の根拠について示唆されていること。
3つ目は、ゼロポイントフィールドを含め、物や物理的現実が“原初の光”からどのように創造されるか、という創造原理・構造が明らかにされたこと。これは以前から知りたかったこで非常に興味深く面白い。量子場における不確定性、「粒子でもあり波動でもある」、多様さ(同じものは何一つない)=ワンネス、などのキーワードの一端が理解できる。可視−不可視の領域。
フリーエネルギー開発は世界的に、今現実味を帯びてきており、電磁場からフリーエネルギーが取り出せ、物体浮揚も可能となるなど、新エネルギーについてバシャールの“予言”は現実感と期待感が湧いてきて遠からずと思える。
また、人間行動、パーソナリティなど簡単に見事にわかり易く説明している。見逃せないのは、その人その人の物事の「定義づけと信念」が行動の鍵を握ることだ。そして、現実に対応して成長していくには、物理的現実(フィジカルマインド)を乗り越えるために、(ハイヤーマインドとつながる)=(好きなこと⇒イマジネーションを使うこと⇒ワクワクする状態になること)だと勇気づけている。ポジティブ心理学。

バシャールの情報は、全然オカルトでもなくスピリチュアル臭くもない。リアリティを感じさせる。哲学や世界観を押し付けてもいない。われわれが持っている有限知を超えた地点から「知恵」を提供してくれている。
それにしてもゲンキが質問することや話題をことごとく知っているのには驚くが、それも、ある周波数にチューニングしてアクセスしているのだろうと推察している。進化した地球外生命体のなせる技なのだろう。中味の濃い話をゲンキのキャラ、ユーモアとジョークでリラックスしながら、スリリングなイマジネーションを喚起してくれる内容になっている。


☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
★imodeBEST100★

today:020 yesterday:011
TOTAL:72671