レーシック手術における安全性とリスクとその効果

人生で全くメガネやコンタクトレンズを使わない人はほとんどいないと思います。生まれつき目があまり良くない人もいれば、長く生きていることで視力が低下してきた人もいるように、裸眼だけの状態で一生を終えられる人は少数でしょう。

メガネやコンタクトレンズを使う際は、医師の診断を受けることもそれ自体を購入することも必要です。さらに言えば、時間とお金がかかり続けるうえに良くなることはありません。

今までは嫌でもメガネかコンタクトレンズに頼らなければいけなかったところが、最近ではレーシックという技術が注目を集めています。このレーシックとは簡単にいえば、視力を上げるための外科手術です。裸眼の視力が上がるので長期的にみればメガネやコンタクトレンズよりも安価で手間もかからないかもしれません。

ただし、このレーシックには非常に高いリスクがあります。一言で説明すると、レーシックで失敗する可能性があるということになります。合併症や失明などの後遺症があるので、目の悪い人に視力を回復させる一番良い方法だとはオススメできません。安全の部分では目に直接触れないメガネが一番良いと思っているくらいです。

医療分野は日々進歩していてレーシックの技術も例外ではありません。今では最新式のレーザー治療も受けられ、リスクは初期にころより格段に低くなったとは思います。やってみる価値はあると思いますが、一度失敗すると後戻りはできないと考えられた方がいいかと思います。しかしトータルで見れば、その後の人生において一番役立つことなのは間違いありません。

安全をとるかリスクをとってもその後の運命を変えたいか。決断はあなた次第です。

モバイルインターネットならWiMAX、お試しもできます

最近はインターネット回線も、有線での契約ではなく、モバイル回線での契約をする方が増えてきました。モバイル回線を契約するメリットはいくつかあって、まず、場所を選ばないという事です。家の中に関してだけを言えば、有線回線での契約でもWifiを利用する事で場所を選ばずにインターネット回線を利用することができますが、モバイル回線なら家の中はもちろん、家の外でも利用することができますから、いつでもどこでもインターネット回線を利用することができます。

次に、回線開通までに時間がかからないという点があります。
有線回線の開通には必ず工事が必要で、開通までに2週間かかるという事もありますが、モバイル回線は、家電量販店等で対応機器を買って契約すれば、すぐに回線を利用することができるようになります。
また、料金的にも融通がききます。もちろん年間契約をすれば安く利用できますが、年間契約をしない場合にも、1ヶ月2か月だけの利用ということも可能なので、出張先での利用などにも向いています。工事もありませんから、その日から必要な期間だけ、すぐに、余計なお金をかけずに利用することができます。

このようなメリットのあるモバイル回線ですが「うちの地域はつながるかどうかが心配」「無線は回線速度が出ないという話を聞く」という事もあると思います。そこでWiMAXです。WiMAXではお試しで2週間、完全に無料で回線を使ってみる事ができます。このお試しも、家電量販店等に申し込みに行き、即日利用ができます。ちゃんとつながるか、速度が遅くないか、自分に合っているかを試してから契約できるので、WiMAXなら安心して契約することができます。

為替介入について

最近では為替介入が入るのではないかと騒がれている中で実際に日銀による為替介入が行われました。これによって75円代だったドル円が一時79円台まで回復しました。ですが、その後利益確定の売りに押され現在は、78円前後での推移となっています。では、この為替介入の意味は一体どこにあるのでしょうか。

Q.為替介入はしないほうがいい?

A.そんな事はないでしょう。介入後は確かに結果戻ってしまいましたが、EUR、AUD、NZD、GBPなどよりUSDに対して上昇ペースが遅くなっています。ダウ平均が好調でリスク志向が高い事もありますが円高には一定のブレーキがかかった事は確かでしょう。昨日デビットカードの量的緩和も結局もともとゼロ金利みたいなものな上、内容は銀行を楽にするだけで内需拡大に繋がる内容でない事なのに、日本時間であった事もあり大きく円安に振れました。にも関わらず、欧米時間には評価されず材料出尽くし感で売られただけでしょう。結局介入には市場評価を大きく変える要因は無いというだけで、今も83円割れには明らかに警戒感が漂っていて十分ブレーキになっていると思いますが。
日本円など今は投機筋から無視されてますよ。昨日のISMでも住宅ローン減税の良指標で円売り$買いが起きてもよいところでしたが、ダウ上昇を受けUSD売り、EUR買いが大きくその余波で対JPYでは結果ドル安です。このダウ右肩上がりの状況ではどれだけ欧米時間にUSD/JPYが無視されているかがわかります。

(Q&AはYahoo!知恵袋から参照しています)

インターネット回線のひとつ

WiMAX(ワイマックス)は簡単にいえば、持ち運び可能な、無線インターネット回線で通信をする規格のことです。正式には、WiMAXは高速で大容量のモバイルブロードバンド通信の方式で、Worldwide Interoperability for Microwave Accessの頭文字を取ったのがWiMAXです。言葉としてい似ている「ポケットWi-Fi」というのがありますが、こちらは、3G回線を使用したもので若干通信の接続先が違います。あまり良くわからない方は、WiMAXは、ポケットWi-Fiよりも速度が高速になったものとお考えください。

Wi-Fiを通信する機能を搭載したPCやスマートフォンなどであれば、WiMAXを利用することで、簡単に高速インターネットに接続が可能です。Wi-Fiの通信ができないPCであっても、USBの機器を付ければ使用することが出来ます。ただし、WiMAXの使用できるエリアは限定されているので、どこでも使用できないのがネックです。WiMAXナビ情報局ではもっと細かくワイマックスのことについて書いてあります。

FXの利益と損失

外貨預金ならば100万円で買った外貨がドル円であれば、ドル円の為替レートが100円でドル円が110円に値上がりすれば10万円の利益となります。反対に90円に下落したら10万円の損失になります。初心者のFXオプション取引

しかし、FXを使ってレバレッジを活用して掛けると利益も損失も大幅に増加します。同じ100万円でもFXで50倍のレバレッジを使用し、5000万円分の外貨を取引すれば1ドル=10円の値上がりで500万円の利益になり、1ドル=10円の下落で500万円の損失となります。実際には資金以上の損失が発生する前にFX業者が設けるロスカットがありますのでFXで借金になることはまずありませんが、それだけFXにはリスクが伴うと考えたほうがいいということです。

リスクを限定して投資がしたいという方には、FXオプション取引がオススメです。初心者のバイナリーオプション取引では、どんなに状況が自分の予想通りに価格レートが変動しなくても、最大の損失額は掛金だけと、リスクの幅が明快です。そのため、投資初心者にありがちなリスク管理が苦手な人でもオススメの金融商品です。

スワップが高い豪ドル

最近、豪ドルのスワップ金利に注目が集まっています。一時は80円を割り込む場面もありましたが、その反動ともいえるほど、今後は90円近くまで豪ドルが上昇しました。その背景には様々な要因が考えられますが、これによって、外貨預金やFXでのスワップ運用を考えるチャンスができたとも言えます。

リーマンショック後、豪ドルの政策金利はかなり落ちました。その結果、豪ドルの優位性が少なくなり豪ドル売りが盛んになり、豪ドル円の価格はかなり落ちました。しかし、ここ数年で著しい経済成長をしているオーストラリアでは、それにともなって、政策金利を上昇させ始めています。

最近では、1万豪ドルで1日あたり、「110円」のスワップ金利を受け取ることが出来ます。これが、年間に直すと、3万5千円前後のスワップポイントを利益にすることが出来ます。もちろん、為替変動リスクがありますが、この機会にオーストラリアドルについて調べてみるのもいいかと思います。

CFD会社の選び方。

CFD会社を選ぶ上で重要になるのが手数料ですが、個別株式ではミニマムチャージに気をつければ特に大きな差はありません。最近では個別株式CFDも手数料無料というところも出てきていますのでそちらも注目すべきだと思います。

株価指数は基本的に全社無料といってもいいと思いますが、先物取引(ひまわりでは限月取引と呼ぶ)の場合はひまわり証券が1枚あたりの手数料を取られるので注意が必要です。

CFDの場合、FXとはhttp://www.jmcdonald.org/同様でスプレッドが存在します。これは、実質的な手数料といってもいいのですが、各社このスプレッドが異なりますので詳しく自分で調べる必要があります。スプレッドは狭ければ狭いほど、トレーダー側に利益をもたらす機会を与えるのですが、デモ取引とリアルの取引でスプレッドが異なる場合もありますので、確認をしっかりしましょう。

CFDでは、FXと同じようにレバレッジ取引が出来るので、少ない資金でも手軽に始めることができます。副業で副収入を狙っている人にはおすすめの投資商品だと思います。

為替のレートはその通貨と交換できる値段

「日本円を売って、米ドルを買う」ことで、アメリカ・ドルを手に入れ、アメリカで買い物をしたり、ホテルの費用を支払ったりできるようになります。では、日本円はいくらで売れて、米ドルはいくらで買えるのでしょう?100円玉1枚が1ドル紙幣と交換できるのか?という疑問になると思います。しかし、そんなに単純ではありません。その価格を決めるのが「為替レート」となります。よく、テレビやネットなどでよく見る「1ドル83.12円」というモノになります。これは、「1米ドルの価格は83.12円と同じ」という意味です。この通貨の交換レートである「為替レート」、一定の動きではなく、常に変化しています。昨日まで1ドル81.00円で買えたのに、今日になったら1ドル82.00円になっているなんてこともあります。為替レートは変化するということです。この為替レートに沿って、通貨を取引して利益を出す、それがFXです。

では、実際にどのように利益が生まれるのかは次回にしたいと思います。

FXの特徴

さて、「外国為替保証金取引(FX)」とは、どんな投資商品なのでしょうか?一言でまとめれば、「通貨を買って、通貨を売る」ことがFXです。グローバルにたくさんの国があり、それぞれの国が発行している独自の通貨を使用しています。わかりやすいところで、アメリカなら「米ドル」、ヨーロッパなら「ユーロ」、そして、日本の「円」などがあります。よく海外旅行をする方は、日本円を両替所で米ドルに交換することも少なくないと思います。たとえば、グアムに旅行に行くとします。アメリカの通貨は「米ドル」なので、現地では「日本円」は使えません。では、どうすればいいでしょうか?海外に旅行に行ったことがある人は答えは自ずと出てくると思います。そう、空港などの両替窓口で手持ちの「日本円」を「米ドル」に交換します。それはつまり、「円を売って、ドルを買う」ことになるのです。

東京市場の概要

今日の東京市場では、中東・北アフリカの政情が不安定なのを要因にリスクがある株式が売られる一方で、資金の退避処として債券が買われていました。為替市場では、リスク回避意味合いからドル・日本円が共に買われており、ドル・円相場は小動きな流れになっています。市場では「不安定な中東情勢がサウジアラビアまで波及しており、アメリカ国債をはじめ、債券が広く買われている。ヨーロッパ・アメリカ諸国によるリビアなどの資産凍結の動きも、リスク回避傾向の流れに持っていく」との話が出ています。